2023年開催、久喜市を代表するマラソンイベント「栗橋関所マラソン大会」記事が、2023年1月発行の農時新聞46号で掲載されました。下記にて転載いたします。
農時新聞 2023年1月22日号記事より
写真提供:農時新聞

2023年開催、久喜市の「栗橋関所マラソン大会」

走り納めに750人快走

第4回川内杯栗橋関所マラソン大会

走り納のマラソンとして定着してきた「第4回川内杯栗橋関所マラソン大会」(主催=大会実行委員会、後援=久喜市・テレビ埼玉、特別協賛=フジハウジング)が12月25日に開催され、約750名の市民ランナーが利根川河川敷に設けられた往復10㎞特別コースを快走した。

この日は河川敷から霊峰・富士山や男体山、日光白根山、筑波山が一望できるほどの快晴でしかも微風、温度10度と絶好のマラソン日和。高校生以上の男女が男女別で10㎞レースに挑んだ。750名の大半は久喜市や近郊の加須、幸手、北本市などからの参加だが、「栗橋のこのコースは平坦で走りやすい」との評判を呼び、北海道、兵庫、高知などからも市民ランナーが駆け付けた。10㎞の最高タイムは男子は30分29秒、女子は39分31秒、ゲストランナーの川内優輝氏は断トツ29分34秒だった。参加者の大半が制限時間80分以内で完走「気持ちよく走れた」と満足げだった。

農時新聞とは

農時新聞

農時新聞は、農業生産法人 誠農社が発行する フリーペーパーです。
地域の振興と活性化を目的に、毎号、久喜・加須を中心に地域の話題が掲載されています。
商品広告が非常に少ない点が特徴で、最新号の46号では1面に久喜市初の国指定 有形文化財登録となった「高木道場」を、2面には旧済生会栗橋病院跡地で開院を予定する「秋谷病院」に関する情報など、地元に密着した地域の情報が揃います。4面には読者投稿の和歌コーナーやプレゼントも充実。
久喜・加須市民だけでなく、都心から郊外に移転を考えている方にとっても良い情報源です。
2022年10月25日発行号およびバックナンバーは、発行元:誠農社のサイトでご覧いただけます。