不動産の売却

-他社で断られた物件もお聞かせください-

幅のある選択のなかから、実りあるご提案

フジハウジングでは、仲介(媒介)だけでなく、土地・建物の売買も行っています。
また、売却をするご予定から「貸し出す」つまり「賃貸」へと、
方向転換するプランなど、様々なご提案をさせて頂くことが可能です。
不動産売買・賃貸・土地活用まで含んだ事業展開をしているので、
幅のある選択の中から、実りのあるご提案ができるのです。

地域密着企業フジハウジングに売却を依頼する3つのメリット

  • 1情報が一番に入りやすく、スピーディな提案を期待できる。
  • 2周辺環境に熟知、今後の近隣開発についての情報が得やすい。
  • 3「仲介」だけでなく「売買」を行っています。

他社で断られたご相談もお聞かせください。

不動産トラブルを解消して、ご満足のいく「不動産取引」を進めます。
困難を解決した、多くの実績があります。

境界線トラブル
大手には難しい地元企業ならではの密な対応で、隣接している方との交渉を円満に進めます。
借地トラブル
借地のため建物を売ることが出来ないなど。
困った状況を解決に導きます。
敷地トラブル
土地の面積が登記簿と違っているなど。問題点を1つずつ紐解いて売却をお手伝いします。
市街化調整区域
都心部の不動産会社は事例の少ない案件。久喜市で長く営業する当社なら、数多くの実績があります。
不動産コラム

久喜市で不動産を迅速・安全に売却するポイント5つ!
-くらしる久喜-

築古の家を、本当の価値で売却したい方へ

耐震施工でプレミアムに差をつける
戦略的な築古物件の売却

昨今は中古物件を購入してリフォーム・リノベーションをする方が増えています。
築20年を越えた物件も、お値打ち感や立地の良さから購入したいという方が多くいらっしゃいます。

ですが、人気があれば、より売り手の希望に近い価格に、人気がなければより希望とは離れた金額に・・・。
このようになってしまうのは、皆さまよくご存じのとおりです。

ここで一度立ち止まって、ご自宅の「商品価値」を見定めてみてください。
不安要素がある場合や、よりプレミアムを付けたい方には、私たちは「耐震施工」をお薦めしています。

耐震施工を施す資金と引き換えに、ご自宅にプレミアムを付けて売却をすることが出来るからです。

フジハウジングの買取なら
スピーディ + 仲介手数料 無料!!

耐震施工で創る、買い手が喜ぶプレミアム

耐震基準適合証明書を取得した家のメリット

メリット.1

建物検査(インスペクション)に合格しているので安心

・建築に精通している有資格者(指定性能評価期間や建築士)によって耐震性の評価を実施し、耐震基準が証明された建物になので、中古でも安心して暮らせます。
・耐震診断があらかじめ実施されており、場合に応じて耐震補強工事がされています。

メリット.2

住宅ローン減税など税制優遇が受けられる

・10年間で最大200万円の住宅ローン特別控除が適用されます。
・不動産取得税が減額されます。
・家屋の固定資産税が1年間1/2になります。
・地震保険の耐震診断割引が受けられます(10%割引)
(参考サイト)
築年数が古い中古住宅でも住宅ローン減税を諦めないで!

メリット.3

旧耐震基準の建物の場合、
耐震改修をしなくて済む

・昭和56年(1981年)5月31日以前の建物は震度5で倒壊しない点を目安にした「旧耐震基準」で建築されています。それが1978年の宮城県沖地震の被害状況を受け、まれに起きる震度6~7程度では倒壊・崩壊しない基準として新耐震基準に改められました。 直近では2000年に建築基準法が改正され、新築時の検査がさらに厳しくなっています。 住まいで最重要視するべきは「安全」なのです。
・中古住宅を取得後に耐震改修をした場合、住宅ローン減税が使えるか?というとそうではありません。「耐震基準適合証明書」は住宅取得前に必要になります。

デメリット.1

物件価格が割高に感じる。

・耐震基準適合証明書が取得されてない物件と比べると「値段が高い」かもしれません。ただそれは不当な金額では決してなく、耐震診断や補強工事をした「安全」への担保です。安心して長く住み続けられる家を買うか、地震の度に不安になる家を買うか。
大切な家族を想って、最善の答えを見つけてください。

メリット.1

既存住宅瑕疵担保保険に加入できるので、
売却後に見つかった瑕疵を保険対応できる。

・売却した物件に欠陥が見つかった場合、原則として補修費は売った側が負わなくてはなりません。欠陥の内容によっては、損害賠償や売買契約の解除になる場合もあります。 これは売った側が知らなかった内容でも、法的な責任が生じるのです。
・これを保険対応できるのが「既存住宅瑕疵担保保険」です。売却する物件が中古住宅だからこそ、トラブル回避のために保険加入をお薦めします。

デメリット.1

証明書発行費・施工費の負担。

・耐震診断や、診断の結果で生じる補強工事の費用が発生します。
・証明書があることで買う側にとっての「買いやすい家」「魅力的な家」により近づきますので、諸費用と売却価格のバランスが大切です 。
・大切に住まわれた家だからこそ「本当の価値で売却をしたい」。そして「買う方にとっても安心して暮らせる家をご紹介したい」と、当社スタッフは考えています。

既存住宅瑕疵担保保険に加入した家のメリット

メリット.1

瑕疵が見つかった場合、トラブルになりにくい。

・欠陥(瑕疵)が見つかった場合、補修費や損害賠償金は売った側が負うという原則があります。これを「瑕疵(かし)担保責任」といいます。
・不動産会社の仲介(媒介)で売却された物件なら、売主側が責任を負うことになります。
・あらかじめ保険加入がされていれば、修理・補修費用や調査費、転居・仮住まいにかかる費用の支払いや請求対応は保険会社が行うため、直接売主側と買主側が連絡を取り合うことはありません。

デメリット.1

家を買う側にとってのデメリットは
特に見当たりません。

メリット.1

買い手が見つかりやすい。

・買う側にとって魅力的な要素が多ければ、比較的に早く売却につながります。
・住宅ローンが残っている家の場合、売却まで時間がかかれば、その月数分の住宅ローン支払いが続きます。
早期に売却できるほど、住宅ローンの支払いが少なくて済みます。

デメリット.1

保険料と検査料が必要。

・保険加入に伴う諸費用が必要になります。
・保険加入にあたっては、保険法人や検査機関による検査(インスペクション)が行われます。こういった検査費用・保険料の費用負担が必要です。

不動産売却をお考えのお客様へ

大切なご自宅です。
できる限り
本当の価値で売却してもらいたい。
ですから当社は、耐震施工をお薦めしています。

当社フジハウジングは
不動産売買・建築・建物検査(インスペクション)の
すべてを実施できる会社です。
「売りたい方」「買いたい方」
どちらのお客様にも最適な方法をご提案します。

ご相談ください。

お問い合わせ [無料] お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0480-31-8451

本社:埼玉県久喜市久喜東 2丁目 4-1
お客様用駐車場:地図

不動産のお得な情報